月別アーカイブ: 2014年8月

不動産登記の重要性

不動産を購入した場合、お金を払ったからといって自分の物になったと主張することができない場合があります。

それは不動産登記をしなかったときです。

不動産登記というのは、それが自分の物であるということを公的に証明するためのものです。

物件が引き渡されていたとしても、お金を払ったことが証明できたとしても不動産というのは登記を持っている人が所有権を主張することができると民法でなっています。

ですからお金を払って建物を建てたとしても登記登録をしていなかったがために他人に家を奪われてしまうといった最悪なことが起きてしまう可能性が出てきてしまいます。

不動産取引をした場合には必ず登記の確認をし、所有権の保存登記を申請しておくとよいでしょう。

こうすることによって公的に自分の物であると所有権を主張できますし、その主張は間違いなく通ります。

登記をする場合は司法書士などにお願いしますので多少お金はかかりますがトラブル防止効果は大きいです。