月別アーカイブ: 2014年7月

不動産の収益物件

大家さんという職業があります。
沢山の不動産を所有して家賃収入で生活している人はマンション経営をして収益を得ています。

収益物件を持っている人の大部分が親から相続として不動産物件を貰った人がほとんどです。
代々受け継がれてきた土地を如何に祖先に受け継いで行くことが出来るかということが大きな問題です。

そのためにローンを組んで土地の上に収益物件を建てます。
損益通算という方法で家賃と月々の支払を相殺しながら節税対策としてマンション経営をしています。

日本の税法では何もしないまま相続していくと親子三代で0円になる計算になります。
特に不動産で財産を残す理由に現金で残すよりも不動産で相続した方が税率が安くなるメリットがあります。

不動産の収益物件を持つことで安い税率で相続が出来ます。
財産を持っている人は現金を物件で残すことで節税対策になります。

収益物件は、ただの建物では無く相続税から家族を守るための意味を持つ物件です。