キャッシング禁断症状に気をつける

 キャッシングをよく利用することで怖いのは、キャッシング禁断症状になってしまうことです。最初の内側は「キャッシングで給与を借り受けるのはこちら1回きりに決める」としていても、1度利用すると「もう一度だけ」として、その内「キャッシングを利用すれば良いや」というセンスになりやすいだ。

 頻繁にキャッシングによることが必ずしもいけないというわけではないのですが、あまりにもキャッシングに全員を任せ、自分自身で給与をトータル用意できないのでは、キャッシュ統括がしっかりできているとは言えないのではないでしょうか。

 以前に、ディーラーの後輩がキャッシング禁断症状になってしまい、最終的に本当に痛い目をみたという話を聞きました。その後輩はまだまだお年が若かった結果良い薬で済みましたが、キャッシュ災禍一歩前とのことでしたので、笑えなかったというのもまた事実です。

 ですので、キャッシングによるときは「キャッシング禁断症状になってはダメだ」という気持ちを強く持って消費するだと僕は思います。モビットのログイン方法